卒園、卒業、卒団・・・

このところあった出来事を書いていきたいと思います。



d0091777_041371.jpg



震災の翌日にあった卒園式。
前回書いたように謝恩会も中止になり、バタバタと終わってしまったような感じでしたが、しっかりと感動の涙を流してまいりましたよ・・・。

卒園生が入場する曲が「ビリーブ」。私はこの曲を聞くと咄嗟に泣けてきてしまうのです。
たとえば君が傷ついて~っていうやつです。
そして先生が涙をこらえてクラスの子供たちの名前をひとりずつ読み上げて、もらい泣き。

・・・本当は感動のフィナーレは謝恩会で、先生たちが退場していく時に、一人ずつ握手をしてお礼を言う時だったのです。
娘のときは、「下の子が次にまた入園するし~」・・・と、幼稚園と本当のお別れはまだ先という思いでいたので、涙は出ませんでした。


今回、謝恩会がなくて残念と言ってしまうと不謹慎なのかもしれませんが、1年がかりで準備してきた役員さんたちの苦労を思うと、やっぱり残念でした。

役員さんたちの手作りの文集はすばらしい出来上がりでした。
記念品にいただいたのは、巾着とランチマットとタオルハンカチ。スタンプで一人ひとりのお名前を押した、お名前シールが(アイロンテープ)ついていて、とてもぬくもりが感じられました。

年長さんの役員は、非常に大変で誰もやりたがらないのだけれど、本当に頭が下がります。
娘のときもそう思いました。

大変だけど、ちょっといいなぁ~って・・・。

まぁ、そういう想いもあって今PTAの副会長をやらしてもらっているのですけどね。



d0091777_0414411.gif




翌週は、小学校の卒業式です。

娘の卒業は来年ですが、今回はPTA本部役員ということで「来賓」として出席です。
来年に向けていい予行練習になりそう?

今回は自分の子供とも無関係だし・・泣くわきゃないだろう・・・と思っていましたが、号泣してしまいました。
厳粛なムードがそうさせるのでしょうか。

バスケでずっと一緒だった子達が、中学校の制服に身を包んだ姿にもウルウル・・・。
すっかりお姉さんになっちゃって。

ひと通り泣いて、ようやく涙も治まったのですが・・・卒業生退場で、ありがとう~って伝えたくて~という曲と、退場していく子達の涙で、本格的に号泣してしまいました。


今年こんなんじゃ、私は来年一体どうなるのでしょうか。



昔と違って、今は行きたい中学に行くので、より一層「別れ」というものが大きく感じます。
来年の今頃、娘はどっちの制服を着ることになるのかな・・・。



d0091777_042451.jpg



そしてさらに翌週。
ミニバスの卒団式でした。

男子3人、女子4人の子達が卒団して行きました。

親子で試合したり。
食事会があったり。

スタッフが入団当初から撮りためていた写真を、スライドショーで見たり、歌のプレゼントをしたり。

スタッフは、子供たちのことを自分の子供のように想ってくれていて、それが本当に伝わってきました。
改めて、娘の居場所がここにあってシアワセだな・・と思いました。

そりゃ・・大変なことのほうが多いです。子供も、親も・・・。
でも、やらないよりもずっといい。と思って、あと1年頑張ります。



d0091777_0422462.gif



震災から2週間以上経ちましたね。
スーパーもスタンドも、かなり落ち着いてきて、ほぼ普段どおりの生活に。


テレビでも言ってるし、被災した方も言ってるけど、「普段どおり」に生活するのが望ましいようです。
もちろん節電は続けるけど。

罪悪感、不謹慎、自粛・・・そんなムードが漂うと日本は暗くなってしまうし、経済も萎縮してしまうそうです。


なるほど。と思いました。
なるべく淡々と日常を過ごそうと思いました。
[PR]
by lemon_drops | 2011-03-28 00:42 | 子供